産業機器株式会社は、埼玉県北本市にある埼玉製作所をベースに、建設機器や産業機械 農業機械の動力源となる汎用エンジンを始め、スノーモービルや4輪バギー用の高性能エンジン、またエンジン駆動の発電機、ポンプなど完成商品を開発・生産しています。 黄色いカラーの「ロビン」ブランドで名を馳せた汎用エンジンは、1951年発売以来、株式会社SUBARUのDNAである独創的な技術開発と信頼のモノづくりの精神で世界中に届けられ、あらゆる用途、使用環境の中で使われるタフで頼れる動力源として高い信頼を得てきました。現在は「スバル汎用エンジン」として2000種類以上の豊富なラインナップを提供、世界中で信頼できるブランドとしてご愛用いただいています。  

 


 

1917年~「中島飛行機」時代

株式会社SUBARUの源流は、1903年にライト兄弟が初の動力飛行に成功したわずか14年後の1917年に設立された「中島飛行機」にあります。
 

1953年「富士重工業誕生」

戦後の「富士産業」を経て、1953年「富士重工業」が誕生。自動車事業を主軸とした総合輸送機器メーカーとして、独創的なモノづくりにより事業の発展と成長を遂げました。
 

そして今"ConfidenceinMotion"

信頼のモノづくりと、時代の要請に応じてそのモノづくりを進化、革新させつづけ、お客様の視点に立った価値を提案し続けていきます。
 



 


産業機器株式会社は、埼玉県北本市にある埼玉製作所をマザー工場とし、国内をはじめ90か国以上にわたる お客様にスバル汎用製品をお届けしています。黄色いカラーの「ロビン」ブランドで名を馳せた汎用エンジンは、1951年発売以来、あらゆる用途・環境で使われるタフな動力源として高い信頼を得てきました。現在は「スバル」汎用エンジンとして2000種以上の豊富なラインナップを提供、世界中で信頼できるブランドとしてご愛用いただいてます。産業機器株式会社は、永年にわたり、培ってきた信頼の技術に磨きをかけ、お客様の多彩なニーズに対応できるグローバルな汎用エンジン総合メーカーとして、さらなる事業の発展を目指します。
アフリカの
農業振興に貢献
中東のデザート・
キャンピング
台湾の道路工事 日本の除雪作業 米国テキサス州DIY

 


800種類を超える多種多様なこの「スバル汎用」エンジンを生産しているのが、緑の新天地に立つ"田園工場"埼玉製作所です。 長年蓄積したノウハウと最新鋭の開発・生産設備を誇る新工場は、工場棟、研修棟、部品サービスセンター、本館に大きく分かれ、大気汚染防止や省エネ対策など、環境面にも深く配慮。そこに働く一人一人が品質向上への惜しみない努力を重ねています。